その症状、勃起不全ではありませんか?

勃起力をサポート

男性に備わっている、子孫を残すためのペニス。男性にとってとても大切なモノですよね。
女性と妊活する時にも必要ですし、単にセックスを楽しむためのモノとしても重要な役割を果たします。

しかし「中折れが多くなった」「硬さが続かない」「女性を前にすると勃起してくれない」
このような体験を経験したことありませんか?実はこれ、すべてEDの症状なのです。
もちろん1度起きただけでは断定できませんが、このような症状がセックスの時に何度も続くようであれば問題です。
「自分のペニスが最近おかしい」と感じている人は、EDかどうかチェックしていきましょう。

男性なら誰でもなる?EDを知ろう

「まだ若いからEDにはならないだろう」と思っていませんか?実は、EDはペニスがある男性なら年齢問わず発症する病気なのです。
もちろんセックスしたがり20代でも、EDになっている人はたくさんいます。日本にはゆうに4人に1人がEDを患っているといわれているほど、深刻な問題。

そもそもEDとは、Erectile Dysfunction(エレクトル・ディスファンクション)の略称です。ペニスの勃起機能低下を意味しており、勃起障害とも呼ばれています。
満足のいくセックスができないケースを何度も経験している男性は、要注意が必要です。
パートナーとなる人の前で完全に勃起しない日々が何度も続くと、最悪浮気や不倫を疑われてしまいそのまま恋人関係に亀裂が入ることもあります。
そのため男性陣は、自分が持っているペニスにもEDが起こる可能性があるということを把握しておきましょう。

中折れもEDかも…?!

EDの症状とは、いったいぜんたいどのようなものなのでしょうか?
実は、単に勃起しないという症状だけではないのです。さっそくチェックしていきましょう。

●勃起はするもののセックス中に中折れを繰り返す
●性欲はあるが性的興奮をしても勃起しない
●挿入できたとしてもふにゃふにゃになってしまいそのまま抜ける
●勃起できないに加えて勃起が維持できない

このように、ただ単に「勃起しない」という症状だけではないのです。セックスの時に萎えてしまうと、お互いに不完全燃焼になりそのまま気まづい雰囲気になることも。
このような症状が続いている人は、EDを疑った方が得策です。
「たまたまだろう」とたかをくくっていると、いつの間にか完全に勃起しない「完全ED」になるケースも存在しています。
EDは自然に治癒する病気ではなく、病院やクリニックまたは通販で購入できる薬を使いながら治療に専念していく必要があるのです。

セルフチェックでチェック

病気にはそれぞれレベルがあります。
正常、疑いあり、軽症、軽症~中等症、中等症、重症といったレベルがあるのです。
ここでは、自分でもEDかどうかをチェックできる方法を紹介していきます。
各質問に答えていきましょう。

●勃起してペニスを維持する自身はありますか?
●刺激によって勃起した時、どのくらいの頻度で挿入可能な硬さになりましたか?
●性行為の時、挿入後にどのくらいの頻度で勃起を維持できましたか?
●性行為の時、性交が終わるまで勃起を維持するのはどれくらい難しかったですか?
●性行為を試みた時、そのくらいの頻度で性交に満足できましたか?

それぞれの質問に対して「非常に低い」「ほとんどあてはまる」「とても困難だった」と、ネガティブな経験がすぐ思いつくようであればEDをすでに発症している可能性があります。
「なぜか分からないけどうまくいかなかったことが多い」という人は、EDを疑った方が良いと言えます。