薬を飲んだ後に酒を飲んでもいいの?

酒と薬の関係

ED治療薬は、他の薬と同じように飲み合わせが悪い飲み物があります。それは酒。
酒はリラックス効果もあり、パートナーとのデート中の気分を盛り上げてくれるアイテムでもあります。
しかしED治療薬を服用した後に酒を飲むのは、あまりおすすめできません。これはどのようなED治療薬にもいえます。
そのため「この薬なら大丈夫だろう」というわけでもないのです。

節度ある量を飲むのはOK

「ED治療薬を飲むなら禁酒しろ!」といっているわけではありません。ED治療薬を服用した後に飲酒をするなら、多くても2~3杯にとどめておきましょう。
しかし世の中の男性の中には、1杯で酔ってしまう人と何杯でも飲める人がいますよね。
そのため2~3杯というのもあくまでも目安。
どの体質にしてもED治療薬を服用した後には、自分でストッパーをかけるのが大切です。

なぜここまで飲酒をすすめないのか。
それは酔いがかなり回りやすくなるからです。せっかくセックスをしようとしているのに、薬を飲んだ後に飲酒をすると酔いの回りが早くなり、ふらふらになってしまいます。
セックスできるチャンスが巡ってきたのに、ふらふらな状態でセックスはできないですよね。
さらに、酒には薬の効果を強めさせてしまう作用があり、一見メリットのように聞こえますがその分副作用も強まります。
(参照:カマグラを服用するときお酒は飲んで良い?お酒との相性について

大量摂取すると危険な理由

ED治療薬を服用すると、ペニスの血管が拡張して勃起を促します。さらに体内中の血管にも血行促進をしていきます。
つまり体内の血流がアップしている状態で酒を大量摂取すると、さまざまな悪影響が現れ始めるのです。

例えば神経伝達への影響です。
体内中の血管を拡張するということは、もちろん脳内血管にも影響を与えます。その証拠として、ED治療薬の副作用には頭痛があるのです。
しかし酒を大量摂取すると、頭痛が起こるだけでなく神経伝達が鈍り集中力や判断力が劣ることも判明しています。
「飲酒をするなら運転しない」といわれているのは、神経伝達に悪影響をもたらしているから。
そのため薬を飲む時も適量が一番なのです。
さらに酒をたくさん飲んでしまうと、性的興奮を感じる神経が鈍りそもそもセックスしたいと思えないケースもあります。
毎日のように酒を飲んでいる人は、性欲減退につながり健常者よりも2倍の頻度でEDになる確率がグッと上がるといわれているのです。

どの薬も酒の影響を受ける

ED治療薬の種類はたくさんあります。
日本ではバイアグラが主流ですよね。海外ではカマグラゴールドという薬もあります。
カマグラゴールドはバイアグラのジェネリックなので、成分はまったく同じ。そのため酒の影響も必ず受けます。
日本にある薬だけでなく、海外の医薬品も酒の影響を受けるので「海外産だから大丈夫なはず」とはいきません。

治療薬を服用する際には、そもそも飲まないか酒を嗜む程度が一番です。